手汗がひどい場合はどうすればいい?

手汗の量が多くて悩んでいると言う人は多いです。人によってどれくらいの量の手汗が出ているのか違いはありますが、量が非常に多いと言う場合は多汗症の可能性があります。

 

多汗症は暑くないのに大量の汗が出るという症状で、部位も足汗が多いという人だったり、脇汗が多いという人だったり、手汗が多いケースだったりさまざまです。

 

多汗症は冬場でも大量の汗をかくというのが特徴で、こういった部分が普通の汗っかきと違うところだと思います。冬でも汗が多かったり、緊張した際に大量の手汗が出ると言う場合は、手の多汗症の可能性があります。

 

手の多汗症のやっかいな所は日常生活にも支障が出てしまうと言うことです。仕事でも書類が手汗で濡れてしまったりして困ったと言う経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

さらにつらいのが人と握手できないということではないでしょうか。日本にはそこまで握手するという文化はないですが、それでも仕事上で人と握手するということはあると思います。そういった際に手汗を大量にかいているとなかなかつらいものがありますよね。

 

ではどうやって手汗は改善していけばいいのでしょうか。

手汗は手術で止められるの?

手汗を止めるのに手術をしようと検討している人も多いと思いますが、脇汗の多汗症と違って、手の場合だと部位的に手術が難しいといわれています。

 

確か手には色々な神経が通っており、構造も脇よりも明らかに複雑なのは見た目でも何となくわかるので、手術の難易度が高そうなのは何となく想像できるのではないでしょうか。

 

また手術をしても汗が確実に止まって再発しないという保証もないです。実際に手よりも難易度の低い脇汗の手術でも再発するケースが普通にあるのに、難易度の高い手汗の手術でどれだけ安全に手術を行えるかはしっかりと考慮する必要があります。

 

さらに手術で後遺症や副作用がまったくないとも言い切れないので、ある程度の覚悟も必要になってきます。

 

そのため手術するなら病院選びには時間をかけてしっかりと検討したほうがいいと思います。

 

私の場合は汗を抑える薬があるので、それを愛用しています。おそらく手汗や脇汗、足汗などが大量に出て困っているという人は使っている人も多いのではないでしょうか。

 

実際にどんな感じで使っているのか説明しているので参考にしてみてください。